健康志向の栄養ノート┃糖尿病治療や冷え性対策に効く食生活

医者

生活習慣を見直そう

生活習慣の乱れによって発症する症状のひとつに、糖尿病があります。この症状を改善するためには、発症原因である生活習慣を正すことが大切です。特に食生活を見直すことによって、症状改善率が上がります。

詳しくはコチラ

毎日運動をする

糖尿病を改善するためにはいくつもの方法があり、そのひとつが運動です。人によって適した運動方法があるので、無理なく毎日続けていけるウォーキングやストレッチなどを行なうと良いでしょう。

詳しくはコチラ

薬のチカラで勝つ

糖尿病の改善には、薬を使用することが最適となっています。インスリンが最も一般的な方法ですが、それだけではなく、服薬などでも症状の改善は可能です。医師との相談の上、もっとも適した方法で治療を行いましょう。

詳しくはコチラ

食事制限で改善できる病気

病気の原因は食生活

もしあなたが糖尿病と診断されたとしたら、思い浮かぶのが血糖値を下げるためにインスリン注射を毎日のように打たなければならないとか合併症を引き起こしやすいとか考えてしまいますよね。直接死に至る病気ではありませんが、治療も複雑で面倒なことばかりで前途が暗くなってしまいます。 しかし塞ぎ込んでいる訳にはいきません。自分の為に、家族の為に糖尿病と向き合って治療を行うようにするしかありません。それに糖尿病は不治の病ではなく食事制限により改善した事例が数多くあります。もちろん食事だけでなく医療における治療プログラムを守って実行することも必要です。糖尿病が発生する原因はこれまでの食生活に原因なものが多いので、これまでの食生活を見直した上で改善できるよう努めていくようにしましょう。

食事制限で健康体に

糖尿病改善のための食事制限というと厳格な食事制限を強いられると思われがちですが、決してそういうことはありません。アルコールだって適量に抑えれば毎日呑んでも大丈夫なのです。 糖尿病の方が注射するインスリンですが、これは食事によっても補うことが出来ます。インスリンの元となるのは肉の赤身、魚や大豆に含まれるたんぱく質や亜鉛などのミネラル、野菜に含まれるビタミンCなどです。こうした食事は健常者でも普通に摂っていますから全然違和感がないですよね。当然ながら一日当たりの摂取量は抑えられますし、ダイエットを行う感覚で取り組めば食事制限も苦痛にはならないと言えます。 そして重要なのが食事を摂る間隔です。朝、昼、夕方ときっちり空けて決められた時間に食事をすることです。職業によっては中々難しい方もいらっしゃるようですが、周りの上司や同僚に相談して、協力できる体制を整えることも必要です。 食事制限により血糖値が平常に戻っても、また元に戻るのではといった心配もありますが、これまでの食事習慣が身についているので現状のまま食事制限を続ける方も多く再発はしにくいと聞きます。あせらず前向きに糖尿病治療に取り組むことです。